作家一覧

伊坂幸太郎

(1971年5月25日 -)千葉県松戸市出身。小説家。東北大学法学部卒業。大学卒業後、システムエンジニアとして働きながら文学賞に応募、2000年に「オーデュボンの祈り」で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞。2004年「アヒルと鴨のコインロッカー」で吉川英治文学新人賞、「死神の精度 ...

≫ 記事の続きを読む

浅田次郎

(1951年12月13日 – )本名:岩戸康次郎。小説家。東京出身。中央大学附属杉並高等学校卒業後、陸上自衛隊に入隊。1973年に除隊すると、スーパー店頭での販売員、競馬の予想屋、ブティック経営者など様々な職業を経て、『とられてたまるか!』で作家デビュー。1995年「 ...

≫ 記事の続きを読む

貴志祐介

(1959年1月3日 – )小説家。大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業。生命保険会社に入社後も執筆し1986年に第12回ハヤカワ・SFコンテストに岸祐介名義で応募し「凍った嘴」が佳作入選に。1996年に阪神・淡路大震災と多重人格障害をテーマにした「ISOLA」が第3回 ...

≫ 記事の続きを読む

森鴎外

(1862年2月17日-1922年7月9日)本名森林太郎。小説家、翻訳家、劇作家、陸軍軍医、官僚。石見国鹿足郡津和野町(現:島根県)出身。10歳で上京し、東京大学予科に最年少で入学。 医学部を卒業後、陸軍軍医となり、陸軍省派遣留学生としてドイツへ留学します。帰国後、留学中に出会っ ...

≫ 記事の続きを読む

重松清

(1963年3月6日-)日本の小説家、ライター。岡山県出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、角川書店の編集者となる。その後、フリーライターとして独立し、ドラマ・映画の説化、雑誌記者、ゴーストライター、ルポライターの他に、作詞やゲームのシナリオなども執筆した。1999年『ナイ ...

≫ 記事の続きを読む

ヘルマン・ヘッセ

Hermann Hesse(1877年7月2日 – 1962年8月9日)小説家、詩人、文学者。カルフ(南ドイツのシュヴァーベン)生まれ。家は牧師の家庭で、ヴュルテンベルク州カルプにプロテスタントの宣教師であるヨハネス・ヘッセと、マリー・ヘッセとの息子として生まれた。神 ...

≫ 記事の続きを読む

宮沢賢治

(1896年8月27日-1933年9月21日)詩人、童話作家、農芸科学者。生涯、法華経を敬信。母イチの実家で生まれる。1918年盛岡高等農林学校卒業。大正10年稗貫(ひえぬき)農学校(12年花巻農学校に改称)教諭となる。農学校退職後は農事指導に携わりながら創作。生涯で詩集「春と修 ...

≫ 記事の続きを読む

山本周五郎

(1903年6月22日-1967年2月14日)本名・清水三十六 (しみずさとむ)、山梨県大月市初狩町下初狩に生まれる。中学中退後,正則英語学校卒。雑誌記者等をしながら文学を志し,上京して山本質店などに勤めながら『須磨寺附近』(1926) 、戯曲『法林寺異記』発表。「日本婦道記」で ...

≫ 記事の続きを読む

東野圭吾

1958年2月4日、大阪府大阪市生野区生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。大学卒業後、日本電装株式会社(現デンソー)に技術者として入社。エンジニアとして働きながら小説を執筆。1985年に「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞。2 ...

≫ 記事の続きを読む

夏目 漱石

(1867-1916)1867(慶応3)年、江戸牛込馬場下(現在の新宿区喜久井町)に生れる。帝国大学英文科卒。松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学した。留学中は極度の神経症に悩まされたという。帰国後、一高、東大で教鞭をとる。1905(明治38)年、『吾輩は猫である』を発表し大 ...

≫ 記事の続きを読む

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。