岡倉 天心 作品買取

岡倉天心作品の買取を強化中!
岡倉天心のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1863年2月14日(文久2年12月26日)

出身地:神奈川県

1863年2月14日(文久2年12月26日)ー1913年(大正2年)9月2日 神奈川県出身
思想家・美術行政家・美術史家

当時としては珍しい英語を使いこなす知識人として、英文を用いた著作での美術史や評論を発表し、近代日本における美術史学研究の開拓者としても活躍した日本の美術評論家です。

岡倉天心は、江戸幕末の文久2年(1863年)に、武蔵国横浜5丁目(現:本町1丁目、横浜開港記念会館付近)に生まれました。
当時、明治維新直前の開港地となっていた横浜に育ったことから西洋人との関りも多く、幼少期から英語に親しみました。

9歳の頃に母が急逝したため長延寺に預けられ、そこで漢学を学び、また横浜居留地で宣教師のジェームズ・バラが開いた英語塾で英語も学び、後年の国際的な活躍の素地を磨きました。

1873年に父親の仕事の都合により一家で東京に移転、1875年には東京開成学校(現:東京大学)に入学し、政治学・理財学を学びます。
また英語が得意だったことから、外国人教師として招かれていたアーネスト・フェノロサの助手となり通訳や翻訳を務め、日本美術研究を手伝ったことから古美術への関心を深めました。

1880年に大学を卒業し、文部省に就職し草創期の美術行政に携わるようになります。
旧知のフェノロサと共に古美術調査を行い、1886年には東京美術学校(現在の東京藝術大学の前身のひとつ)設立のために美術取調委員として欧米への美術教育情勢の視察の出張もしました。

帰国後は、東京美術学校の幹事を命じられ同校の創設に努め、開校後の1890年には初代校長に就任します。
近代国家にふさわしい新しい絵画の創造を目指し、横山大観、下村観山、菱田春草など気鋭の作家を輩出しました。

しかし、急進的な日本画改革を進めようとする姿勢は、伝統絵画を重んじる人々からの反発を受けることとなり、学校内部の確執から端を発したいわゆる東京美術学校騒動により1898年に校長の職を辞任しました。

失意の天心でしたが教え子や同士らは見捨てることなく、同時に連帯辞職した大観らと共に日本美術院を発足させ、美術の研究、制作、展覧会などを行う研究機関として活動を始めました。
横山大観、下村観山、菱田春草らの美術院の青年作家たちは、天心の理想を受け継ぎ、日本の伝統絵画に西洋画の長所を取り入れた新しい日本画の創造を目指し、創立展には大観『屈原(くつげん)』、観山『闍維(じゃい)』、春草『武蔵野』などの話題作が出品されました。

順調な滑り出しを見せた日本美術院でしたが、作品が酷評されるなど世間に受け入れられず、次第に経営に行き詰まるようになり問題が山積みの状態でしたが、1901年に天心は突然インドへ旅立ってしまいます。

インドでは、ヒンドゥー教の僧のスワミ・ヴィヴィカーナンダや詩人のラビンドラナート・ダゴールらと親交を深め、旅で得た経験から日本美術の中に仏教や儒教がどのように息づいているのかを英文で論じた『東洋の思想』をイギリスで出版しました。

1904年にはアメリカのボストン美術館の東洋部顧問として招かれ、1906年に『茶の本』を書きあげました。
『茶の本』は、茶道を通じて伝統的な日本の精神文化と生活を英文で説いた内容で、欧米知識人の間で広く読まれ、1929年には邦訳も出版され国内外で話題となりました。

英語を駆使してグローバルな活動をした天心でしたが、1907年の帰国後は日本美術院の拠点を茨城県五浦へ移し、晩年はボストン美術館において中国、インド、日本での美術品の収集を精力的に行うほか、日本や東洋の美術を欧米に紹介する著作や講演の仕事をこなしました。

1913年、体調がすぐれずアメリカから帰国。新潟県赤倉で静養に入りましたがその後病状が悪化し、9月2日に亡くなりました。 50歳没

明治以降における日本美術概念の成立に寄与した功績から、没後も1967年に東京都台東区に岡倉天心記念公園が開園し、また晩年を過ごした五浦には1997年に茨城県天心記念五浦美術館が設立されるなどしています。

岡倉天心に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

岡倉天心 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

岡倉天心 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

岡倉天心の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が岡倉天心の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。