ライナー・マリア・リルケ 作品買取

ライナー・マリア・リルケ作品の買取を強化中!
ライナー・マリア・リルケのプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1875年12月4日

出身地:オーストリア

1875年12月4日ー1926年12月29日 オーストリア=ハンガリー帝国出身
詩人・作家

豊かで確かな感性で人間や事物を捉え、その存在の内面を純粋に形象化した詩で高く評価された時代を代表するドイツ語詩人の一人です。

リルケは、1875年にオーストリア=ハンガリー帝国領プラハで、元軍人の父ヨーゼフと枢密顧問官の娘でありユダヤ系の出自の母ゾフィーの間に生まれました。
母のゾフィーは、リルケが生まれる前に女児を早くに亡くしたことから娘を切望して、リルケを5歳まで女の子として育てるなど、奇抜で虚栄的な振る舞いや夢想的で神経質な人柄によってリルケの生と人格に複雑な陰影を残すことになります。
また、リルケが生まれる頃には両親の仲は冷え切っていて、リルケが9歳の頃に母は家を出て行っています。

10歳の頃に、父の意向で陸軍幼年学校に入学しましたが、周囲とは馴染めずこの頃から詩作を始めるようになりました。
1890年には士官学校に進学しましたが学校の空気に耐え切れず、翌年に病弱を理由に中退し、商業学校に転校します。
しかし、その商業学校も性にあわず、また恋愛事件を起こしたこともあり1年足らずで退学しました。
このことは、リルケを軍人にしたかった父を大いに失望させました。

その一方で詩作を続けていて、1891年にはウィーンの『ダス・インテレサント・ブラット』誌に懸賞応募した詩が掲載され、翌年より各誌に詩の発表を始めます。

その後プラハに戻ったリルケは大学進学を目指し、貴族の称号を持つ富豪であった叔父の援助を受け、プラハのギムナジウムの特別聴講生になります。
既に17歳になっていたリルケでしたが、叔父のはからいで全コース8年分を3年で修め、優秀な成績で卒業します。
またギムナジウム時代には、母の妹の紹介で知り合ったヴァリーという年上の女性と恋に落ち、彼女のために多くの詩を書き、その詩は後に刊行される処女詩集『いのちと歌』として発表されます。

1895年からは、プラハ大学とミュンヘン大学で文学・美術・哲学などを学び、その傍ら詩や散文を多数執筆します。
南ドイツの文化の中心であったミュンヘンでは多くの作家や詩人と交流をもち、特にヤーコプ・ヴァッサーマンを通してデンマークの詩人ヤコブセンを知り、大きな影響を受けました。
また、この頃からロシア文学への興味も生まれています。

1897年には、終生に渡り影響を受けた女性著述家のルー・アンドレアス・ザロメと出会います。
ザロメ夫妻を追ってベルリンに移りベルリン大学に学び、1899年にはザロメ夫妻の案内でロシア旅行を行い、多くの芸術家と交流を持ち、特にモスクワで71歳のトルストイを訪れ、彼の人となりに多大な感銘を受けています。
1900年にも再びロシアを訪れ、この2度のロシア旅行はリルケの精神生活に深い影響を与え、後の創作の契機のひとつとなりました。

多くの芸術家と交流を持っていたリルケは、1901年に画家評論の執筆の仕事を得て、1902年に『ロダン論』の執筆のためにパリに渡り、9月には初めてオーギュスト・ロダンと会います。
『ロダン論』の執筆を進めながらロダンのアトリエに通い、彼の孤独な生活と芸術観に深い影響を受け、またパリの現実と深い孤独も、リルケの詩風と芸術、人生に対する態度を転換させるきっかけとなりました。

以降も、セザンヌやボードレールなどに傾倒しながら自身の芸術を深めていき、1910年にパリでの自身の生活を題材にして6年の歳月をかけた小説『マルテの手記』を完成させました。
「この仕事が終わったら死んでもいい」とまで語った本作に精力を注いだリルケは、一種の虚脱状態に陥り、完成後はしばらく妻子の住むベルリンで過ごしました。

第一次大戦の影響で創作の中断を余儀なくされた時代もありましたが、晩年まで各地を転々としながら創作を続け様々な作品を発表し、また最晩年にはヴァレリーの作品の翻訳に精神を傾けていましたが、1926年10月に白血病と診断され、同年12月29日に51歳で死去しました。

代表作に『新詩集』『マルテの手記』『ドゥイノの悲歌』など

ライナー・マリア・リルケに関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

ライナー・マリア・リルケ 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

ライナー・マリア・リルケ 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

ライナー・マリア・リルケの本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方がライナー・マリア・リルケの本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。