島崎 藤村 作品買取

島崎藤村作品の買取を強化中!
島崎藤村のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1872年3月25日(明治5年2月17日)

出身地:岐阜県

1872年(明治5年)3月25日(旧暦2月17日)ー1943年(昭和18年)8月22日 岐阜県出身
詩人・小説家

青春の叙情と憧憬を情熱的にうたい上げた第一詩集によって近代詩に新しい世界を開き、小説へ表現領域を転じた後は、西欧の自然主義の影響の下、日本自然主義の先駆的役割を果たした日本を代表する作家です。

島崎藤村は、1872年に南木曽馬籠村屈指の名家の島崎家に、四男三女の末子として生まれました。
父の島崎正樹は国学者をしていて、幼い頃に父から『孝経』や『論語』を学び、後に執筆する『夜明け前』の主人公のモデルにもなっていて、文学的影響を大きく受けました。

1881年、9歳の頃に父に勧められ学問のために上京、数寄屋橋の泰明小学校に転入します。
卒業後は、三田英学校、共立学校など当時の進学予備校で学び、明治学院本科に入学します。
明治学院在学中に、新時代の感覚を伝える思想としてキリスト教に惹かれ洗礼を受けました。

また、シェークスピアなど西欧文学に触れ、後に雑誌『文学界』の同人仲間の馬場孤蝶や戸川秋骨との親交から日本の古典へも目を向けました。

1891年に明治学院を卒業、翌年明治女学校の英語教師になります。
この年、北村透谷の『厭世詩家と女性』に感動し透谷を訪問、以後深い影響を受け、翌83年に創刊された雑誌『文学界』に透谷とともに参加し、劇作や随筆を発表し、浪漫主義運動を推進しました。

一方で、明治女学校の教え子への恋から教師としての自責の念からキリスト教を棄教、教師を辞職、1894年には透谷の自殺、兄の不正疑惑による収監など、低迷と動揺が続きました。

1896年、仙台の東北学院の作文教師となり1年ほど赴任します。
1年弱のこの地の生活は、心の安定と人生の春を実感させ、溢れ出る感情を浪漫的で清新な叙情詩に結実させ、これらをまとめた『若菜集』は大きな反響を呼び、新体詩の表現に決定的な影響を及ぼし、その後も『落梅集』などを送り出し、「新しい詩歌の時」を切り開きました。

1899年、小諸義塾の英語教師として長野県小諸町に赴任、この頃から理想追求から命を絶った透谷の悲劇から現実問題に対する関心が高まったため、現実の中にある「生」を表現するため散文へと創作法を転回し始めます。
この頃から、小説『破戒』の執筆を始め、自費出版されたこの小説は夏目漱石ら文壇から絶賛され、自然主義文学の旗手として注目されました。
ただ、この頃、栄養失調により三人の娘を相次いで亡くしています。

その後は、自身の告白を素材とするようになり、1908年に『文学界』時代の自己を描いた『春』、1910年には没落旧家を描いた『家』などの一連の自伝的作品を生み出しました。

『家』の連載終了後、妻のフユが四女の出産後死去し、そのために姪のこま子が家事手伝いに来ていましたが、直に事実上の愛人関係になり、この関係に悩み、一時期渡仏しました。
この罪を告白した『新生』は文壇内外に大きな衝撃と議論を巻き起こしました。

その後は、再婚するなどして生活も安定に向かい、四人の子との生活の心境と再生への思いを描いた『嵐』を発表し、1929年から1935年には『中央公論』にて父をモデルにした歴史小説『夜明け前』を発表しました。

1943年には、西欧と日本の関係を見つめた『東方の門』の執筆を始めましたが、同年の8月22日、脳出血のため死去しました。 71歳没

代表作に『若菜集』『春』『家』『夜明け前』など

島崎藤村に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

島崎藤村 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

島崎藤村 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

島崎藤村の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が島崎藤村の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。