ポール・ヴァレリー 作品買取

ポール・ヴァレリー作品の買取を強化中!
ポール・ヴァレリーのプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1871年10月30日

出身地:フランス セット

1871年10月30日ー1945年7月20日 フランス共和国 セット出身
詩人・小説家・評論家

ヴァレリーは1871年に地中海沿岸の港町セットに生まれました。
1884年にモンペリエに移住し、日本での高等学校に相当するリセに入学し、この頃から文学に関心を持ち始め詩を書き始めます。

1888年にモンペリエ大学法学部に入学し、ボードレールなどの詩に熱中します。
この頃、18歳の時に書いた詩を兄が雑誌に送り初めて作品が掲載されています。

1890年頃、創作が活発となり、数々の雑誌に詩や論文を寄稿しますが、1892年頃、詩人としての才能を疑い、文学的な営みに嫌悪感を抱くようになり、次第に文学から遠ざかっていきます。この頃、雑多な思考を切り捨て、知性のみを崇拝することを決意します。

1894年からは『カイエ』と呼ばれる公表することを前提としない思索の記録を綴り始め自身の日課となり、その量は膨大で電話帳のような本に纏められ29冊にもなります。ヴァレリーは『カイエ』の活動を軸とした20年に及ぶ文学的沈黙に入ります。

1897年から1900年まで陸軍省に勤務、また通信社の社長の私設秘書となり生計を立てるようになります。

1913年に旧作の詩を纏めるかたわらにいくつかの詩を書き、1917年に『若きパルク』を発表し、一躍名声を勝ち取ります。

1922年には『第一の手紙』及び『第二の手紙』と題する、ヨーロッパの精神史について英文で発表し、このフランス語原文が『精神の危機』と題して雑誌に掲載され、チューリッヒ大学で行われた「精神の危機」と題された講演は有名となり、ヨーロッパ各地に講演で招かれ、多くの発表した文集が翻訳されました。

その後も数多くの執筆依頼や講演をこなし、フランスの代表的知性と謳われ詩人としての名を確固たるものにしていきます。

1945年5月に潰瘍で病床に就き、7月20日に死去。73歳没。

代表作『若きパルク』『海辺の墓地』など

ポール・ヴァレリーに関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

ポール・ヴァレリー 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

ポール・ヴァレリー 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

ポール・ヴァレリーの本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方がポール・ヴァレリーの本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。