横溝 正史 作品買取

横溝正史作品の買取を強化中!
横溝正史のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1902年(明治35年)5月24日

出身地:兵庫県

1902年(明治35年)5月24日ー1981年(昭和56年)12月28日 兵庫県神戸市出身
小説家

金田一耕助シリーズで知られる、日本を代表する推理小説作家です。

1921年に雑誌「新青年」の懸賞に応募した『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が入選作となり、これが横溝の処女作とされています。

1924年に大阪薬学専門学校を卒業後、薬剤師として働いていましたが、1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館に入社しました。

1927年に雑誌「新青年」の編集長になり、編集長として勤めながら創作活動をしていましたが、雑誌が廃刊になったことで会社を退社して、専業作家となりました。

戦時中は、病気や探偵小説の発表の制限などもあり、不遇な時代が続きましたが、第二次世界大戦の終戦後は推理小説が自由に発表できるようになると本領を発揮して、本格推理小説を発表し始めます。
1948年に金田一耕助シリーズの第1作目となる『本陣殺人事件』を発表して、第1回探偵作家クラブ賞の長編賞を受賞、一挙に日本探偵小説界のエース的存在となります。

1976年には、角川映画第1作として『犬神家の一族』が公開され大ヒットするなど、以降も金田一耕助は様々な役者さんで実写化され人気を博し、日本三大名探偵を称されます。

1980年、角川書店主催による長編推理小説新人賞「横溝正史賞」が開始されるなど、現在も日本の推理小説に多大な影響を与え続けています。

晩年まで執筆活動を続けましたが、1981年(昭和56年)12月28日、結腸がんのため死去。79歳没

代表作に『獄門島』『八つ墓村』『真珠郎』など

横溝正史に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

横溝正史 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

横溝正史 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

横溝正史の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が横溝正史の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。