澁澤 龍彦 作品買取

澁澤龍彦作品の買取を強化中!
澁澤龍彦のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1928年(昭和3年)5月8日

出身地:東京都

1928年(昭和3年)5月8日ー1987年(昭和62年)8月5日 東京都出身
小説家・フランス文学者・評論家

マルキ・ド・サドやジャン・コクトーらの著作の翻訳の他、美術評論や中世の悪魔学などのエッセイ、独自の幻想小説など幅広いジャンルの作品を残した、日本の小説家です。

澁澤龍彦は、1928年に東京市芝区車町(現:東京都港区高輪)に生まれました。
澁澤家は実業家の渋沢栄一の親類に当たる名家で、幼い頃から裕福な生活を送りました。

幼少期は、山中峯太郎、江戸川乱歩、南洋一郎などの作家の冒険小説を好み、ロマンティックな小説や怪奇・ホラー小説を好んで読んでいました。
後に名乗るペンネームの「龍彦」は、山中峯太郎の幻想冒険小説『万国の王城』の主人公の名前「龍彦」からの影響であると語っています。

1945年、終戦直前に旧制浦和高校理乙(理系ドイツ語クラス)に進みますが、ドイツ語が不得手だったことから敗戦に伴って文甲(文系英語クラス)に転じます。
また、戦時中に廃止されていたフランス語クラスが一級下から復活したことから、一級下の講義に潜り込み、フランス語を学びました。

勤労学徒として工場で働きながらも、アテネ・フランセなどに通いフランス語を習得し、休日には神田の古書店街でフランス語の詩や戯曲の原書を買い漁り、特にアンドレ・ブルトンやジャン・コクトーに熱中しました。

フランス文学に傾倒した澁澤は、東京大学文学部仏文科を受験しますが、2年連続で受験に失敗し浪人生活を送ります。
浪人時代には、雑誌『モダン日本』の編集のアルバイトを行い、当時編集長だった吉行淳之介の下で働きました。

1950年、2年の浪人生活を経て東京大学文学部に入学します。
在学中はシュールレアリスムやダダイズムに傾倒し、シュールレアリスムの中心的存在だったアンドレ・ブルトンを熱心に読み込みました。

また、マルキ・ド・サドの作品に出会い、サディズムや耽美の世界にのめり込み、サドの研究に励みます。
1953年に仏文学科を卒業、卒論のテーマは「サドの現代性」でした。
当時、サドは俗悪なポルノ作家とも評される作家で評価も低かったこともあり、研究の評価は芳しくありませんでした。

大学卒業後は東京大学修士課程に進みますが、肺結核により就職を断念し文学の道に進みます。
1954年には初めて「澁澤龍彦」の筆名を使い、白水社より最初の訳書、ジャン・コクトーの『大跨びらき』を出版します。

その後も翻訳などの仕事を続け、1959年にマルキ・ド・サドの『悪徳の栄え』を出版しますが、この本に含まれる描写がわいせつ物頒布等の罪にあたるとして起訴されてしまいます。
しかし澁澤はこの騒動を「勝敗は問題にせず、ひとつのお祭り騒ぎとして、なるべく面白くやる」と最初から争う姿勢はなく、裁判に遅刻するなどいい加減な態度で臨みました。

結果は有罪の判決で罰金7万円が言い渡されましたが、「たった7万円、人を馬鹿にしてますよ。3年くらいは食うと思ってたんだ。7万円くらいだったら、何回だってまた(本を)出しますよ」と語り、話題となりました。

この裁判以降も自作の執筆に加えて翻訳の仕事も多く手掛けましたが、元来体が弱かったこともあり、1986年に咽頭ガンで声帯を切除してからは病床での闘病を送ります。
入院中も執筆を続け、1987年に『高丘親王航海記』を脱稿し、次作の『玉蟲物語』の構想もありましたが、1987年8月5日、病床での読書中に頸動脈瘤の破裂により死去しました。 59歳没

澁澤龍彦は、「エロティシズム」や「幻想文学」関連の作品を多く残し、また残したエッセイなどは、人間精神や文明の暗黒面に焦点を当てた作品として後年にも大きな影響を与えています。

代表作に『高丘親王航海記』『快楽主義の哲学』『胡桃の中の世界』など

澁澤龍彦に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

澁澤龍彦 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

澁澤龍彦 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

澁澤龍彦の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が澁澤龍彦の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。