京極 夏彦 作品買取

京極夏彦作品の買取を強化中!
京極夏彦のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1963年(昭和38年)3月26日

出身地:北海道

1963年(昭和38年)3月26日ー 北海道出身
小説家・妖怪研究家・グラフィックデザイナー・アートディレクター

日本推理作家協会の代表理事を務め、推理小説家として高い評価を受けるほか、妖怪研究家の一面も持ち妖怪小説も多く手がける、幅広いジャンルで活躍する日本の小説家です。

京極夏彦は、1963年3月26日に北海道小樽市に生まれました。

作家になる前は、デザインの専門学校の桑沢デザイン研究所を経て広告代理店に勤め、グラフィックデザイナー・アートディレクターをしていました。
しかし、体調不良をきっかけに退職し、知り合いと共に独立しデザイン会社を設立し、経営者として活動していました。

会社設立時の日本はバブル期の好景気で仕事は順調でしたが、バブル崩壊後は仕事が減ります。
仕事が減り会社ですることがなくなり、その中でも思いついた企画書などを作った後の暇な時間に、手遊びに何となく小説を書き始めます。

完成した小説は「会社で書いちゃったから印字代がもったいない」「使った用紙とインク代の元でも取れれば」という軽い気持ちで、門前払いを受ける覚悟で原稿を講談社ノベルスの編集部に送りました。
当初、編集部は返事には半年ほどかかると伝えていましたが、実際に送られた原稿を読み始めると予想外に読みふけり1日で目を通し、すぐに京極に返事をし、講談社ノベルスより発売が決定します。
この作品が、京極夏彦のデビュー作で彼の代表作となる『百鬼夜行シリーズ』の第一作目となった『姑獲鳥の夏』です。

当時、原稿に目を通した編集者は、作品のあまりの出来の良さに著名な作家が編集部のリテラシーを試したいたずらをしているのを疑い、京極自身も半年かかると言われた返事がわずか2日できたことに、どっきりではないかと思ったそうです。
持ち込みでデビューしたこのエピソードは、後に講談社が主催する「メフィスト賞」の創設のきっかけになり、『姑獲鳥の夏』はしばしば「第0回メフィスト賞受賞作」と言われています。

その後、1995年5月発売の『百鬼夜行シリーズ』第3作目の『狂骨の夢』でプロフィールが公開されると、集英社・中央公論社・新潮社と次々と執筆依頼が舞い込み人気作家となり、『百鬼夜行シリーズ』第4作目の『鉄鼠の檻』は第9回山本周五郎賞の候補作に選ばれるなど注目されると、その独特な世界観の作品は高い人気を得ます。
執筆依頼が殺到したこともあり、会社での仕事は出来にくくなってきたため、会社は一旦退職し、その後は外部スタッフとして仕事を継続し、その縁から自身の単行本などのデザインは会社が担当するようになります。

デザイナーとしてのこだわりから自身の作品の装丁も手掛け、ページのレイアウトは読者の読みやすさなどを考慮した構成を心掛け、またその特徴的な分厚さなどでも注目されています。

1996年に『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞すると、その後も1997年に『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花賞、2003年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞を受賞するなど活躍を続けています。

2019年からは一般社団法人日本推理作家協会の代表理事を務め、また妖怪研究家としては世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員を務めるなど、幅広い分野で活動しています。

代表作に『百鬼夜行シリーズ』『巷説百物語シリーズ』など

京極夏彦に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

京極夏彦 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

京極夏彦 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

京極夏彦の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が京極夏彦の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。