小栗 虫太郎 作品買取

小栗虫太郎作品の買取を強化中!
小栗虫太郎のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1901年(明治34年)3月14日

出身地:東京都

1901年(明治34年)3月14日ー1946年2月10日 東京都出身
小説家

膨大なペダントリー(衒学趣味)が散りばめられた作品が特徴的の、昭和初期に活躍した日本の探偵小説家です。

小栗虫太郎は、1901年に東京市神田旅籠町(現:東京都千代田区外神田)で生まれました。
生家は代々の酒問屋の分家で、小栗が10歳の頃に父が亡くなりますが、本家からの仕送りや貸家の賃貸収入などで生活に苦労はしませんでした。

その後、1918年に京華中学校を卒業し、樋口電気商会という会社に入社し、小説とは全く関係のない仕事を始めます。
1920年には、結婚しています。

1922年、亡き父の財産を元手に四海堂印刷所を設立すると探偵小説に目覚め、発表のあてのないまま以後印刷所が閉鎖する4年間に、短編『或る検事の遺書』『源内焼六術和尚』と、長編『紅殻駱駝の秘密』『魔童子』を執筆しました。

1926年9月、印刷所を閉鎖し、以後は作家デビューするまでの6年間は無職で、亡き父の収集した骨董品を売って生活をしのぎ、下積み時代を送りました。
その間1927年には、織田清七名義で、前述の『或る検事の遺書』を春陽堂の発行していた「探偵趣味の会」の機関誌『探偵趣味』の10月号に発表しています。

そんな小栗の転機となったのは、1933年春に中学の先輩であったが面識はなかった小説家の甲賀三郎に原稿を送り、甲賀の推薦状を得て原稿を雑誌『新青年』の編集長の水谷準に持ち込んだことでした。

原稿を持ち込んだ時、たまたま『新青年』7月号に掲載予定だった横溝正史の作品が、横溝の結核悪化で執筆不能により雑誌に穴が空くため、急遽小栗の作品が代理原稿として掲載されることとなりました。
この作品が、小栗虫太郎のデビュー作となる『完全犯罪』でした。

水谷隼はこのエピソードを後に、「原稿を受け取った僕は、机の抽斗にそれを押し込んだきり、正直なところ、小栗虫太郎の存在を忘れてしまったのである」と語っています。
横溝が喀血で倒れ予備の原稿もなく、色々手を尽くし、一切がダメとわかったあとで、反射的に開けた抽斗で『完全犯罪』の原稿が目につき、枚数などもうまくあてはまるという条件も具えていて、それがなかったら読むことを投げ出していたかもしれないとも語っており、不思議な運命を感じます。

横溝正史は後に、小栗虫太郎急逝によるピンチヒッターを務めたところも、運命的なつながりを感じさせます。

作家デビュー後小栗は、『新青年』10月号掲載の『後光殺人事件』で、彼の作品の主要キャラである、探偵・法水麟太郎をデビューさせると、翌1933年には、小栗の代表作となる大作『黒死館殺人事件』を発表します。

同作は、夢野久作『ドグラ・マグラ』、中井英夫『虚無への供物』とともに、日本探偵小説史上の「三大奇書」と数えられ、ミステリマニアなら一度は読んでおきたい一冊といわれています。

その後も、1936年に直木賞候補となり、1937年には海野十三、木々高太郎とともに、探偵小説専門誌『シュピオ』の創刊に加わるなど創作活動を続けましたが、戦中は陸軍報道班員としてマレーに赴きました。

1943年には、マレーの秘密結社をテーマにした作品を『新青年』に掲載しますが、生来の病弱もあり、この頃から身体の衰弱が進みます。

1944年には、長野県でキクイモから果糖を製造する事業に取り組むようになり、1945年5月には長野県に疎開します。

終戦後は、「これからは長編だけにする」と宣言し、「社会主義探偵小説」と銘打った長編小説『悪霊』の執筆に取り掛かりますが、その矢先の1946年2月10日、疎開先の長野で脳溢血のため死去しました。 享年45歳

没後、1968年に桃源社から「大ロマンの復活」シリーズの一冊として『人外魔境』を刊行したことから作品の再評価が始まり、桃源社から小栗虫太郎のほとんどの作品が再刊されるなど現在でも親しまれています。

ペダントリー的趣味の探偵小説で有名な小栗ですが、2021年に新たに発見された『亜細亜の旗』という作品では、日本と上海を舞台とした家庭小説を描いていて、非現実的な場面設定や難解な専門用語は用いられておらず、新たな小栗像として注目されています。

代表作に『完全犯罪』『黒死館殺人事件』『人外魔境』など

小栗虫太郎に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

小栗虫太郎 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

小栗虫太郎 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

小栗虫太郎の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が小栗虫太郎の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。