松本 清張 作品買取

松本清張作品の買取を強化中!
松本清張のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1909年(明治42年)12月21日

出身地:福岡県

1909年(明治42年)12月21日ー1992年(平成4年)8月4日 福岡県出身
作家

動機を重点に置いた社会派推理小説の他、戦後の政治的事件を取り上げたノンフィクションなど、幅広い領域で創作活動をした戦後日本を代表する作家の一人です。

松本清張は、1909年12月21日に福岡県企救郡板櫃村(現:北九州市小倉北区)に生まれたとされています。(2月12日に広島で出生していたともされています。)

生家が貧しかった為、1924年に尋常高等小学校を卒業したのちに、電気会社の給仕に就職しました。
文学好きではありましたが、当時は新刊書を買う金銭的な余裕はなかったので、貸本屋で借りるか、勤め帰りの書店で立ち読みしていました。

やがて文学を志すようになり、この頃から芥川龍之介や森鴎外や夏目漱石などを読み、また雑誌『新青年』で探偵小説の面白さに夢中になり、特に江戸川乱歩の作品を愛読しました。

1927年には、勤めていた電気会社の出張所が閉鎖となり失職し、様々な職を転々とし、1928年に石版印刷の見習い工になります。
ここで、版下の技術を学びながら、同時に広告図案などの面白さを知るようになりました。
その後、印刷所の版下工の修行を経て、1937年からは朝日新聞の広告版下の仕事を手掛けるようになります。

戦時中は清張も招集され、衛生兵として従軍し朝鮮で終戦を迎えました。
終戦後は朝日新聞社に復職しましたが、当時の新聞の広告は活字の案内広告だけで仕事がなかった為、アルバイトで生計を立て、生活費を稼ぐためにポスターコンクールなどに応募もしています。

1951年に、生活のために書いた処女作『西郷札』が『週刊朝日』の「百万人の小説」の三等に入選し、第25回直木賞候補となり、翌年には『三田文学』に『或る「小倉日記」伝』を発表します。

1953年に『或る「小倉日記」伝』は直木賞候補となりますが、芥川賞選考に回され、選考委員の1人の坂口安吾に激賞され、第28回芥川賞を受賞します。
このエピソードは、「脱領域の文学」と評される清張の作品を一つの型に分類することが難しいことを象徴しています。

1953年に朝日新聞東京本社勤務となり上京し、意匠係の主任まで務めましたが、56年に退社すると、以後作家活動に専念します。
1955年から『張込み』で推理小説を書き始め、1957年からは雑誌『旅』で『点と線』を連載します。
『点と線』は翌年刊行されるとベストセラーとなり、「清張以前」「清張以後」という言葉も出るなどブームとなり、その後も多くの社会派推理小説を発表し話題となります。

1960年からは戦後の日本で起きた事件について論じられたノンフィクション『日本の黒い霧』を連載し、大きな反響を呼び「黒い霧」は流行語となるほどの社会現象を起こしました。

その後も、小説作品に限らず、ノンフィクションや評伝、古代史と現代史など創作の領域を広げ様々な創作を続け、多くの文学賞を受賞し、1990年81歳の時には、社会派推理小説の創始と現代史発掘など多年にわたる作家活動によって、89年度朝日賞を受賞しました。

1992年8月4日に死去。 82歳没

亡くなったあとも作品は愛され、現在でも新作のドラマが制作され幅広い年代のファンを生み続けています。

代表作に『点と線』『砂の器』『ゼロの焦点』など

松本清張に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

松本清張 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

松本清張 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

松本清張の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が松本清張の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。