菊池 寛 作品買取

菊池寛作品の買取を強化中!
菊池寛のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1888年(明治21年)12月26日

出身地:香川県

1888年(明治21年)12月26日ー1948年(昭和23年)3月6日 香川県高松市出身
小説家・劇作家・実業家

文藝春秋社を創設し、芥川賞と直木賞を設立するなどし、現代の日本文学界の基礎を作った文壇の大御所と呼ばれた日本の小説家です。

菊池は、1888年に香川県の高松市に7人兄弟の四男として生まれました。
菊池家は、江戸時代には高松藩の儒学者の家柄でしたが、菊池寛が生まれたころには家は没落し、家計はとても苦しいものでした。
その為、小学校時代は教科書を買ってもらえず、友人から借りて書き写していました。
この頃、『文藝倶楽部』を愛読し、幸田露伴、尾崎紅葉、泉鏡花などの作品に親しみました。

中学校時代は、高松に初めて出来た図書館に通って本を読みふけり、2万冊の蔵書のうち興味あるものは全て読破しました。記憶力も良く、一度目を通した本はスッと頭の中に入ってくるというエピソードも残っています。
また、英語も得意で、外国人教師と対等に英会話できるほどでした。

中学校卒業後は、成績優秀により学費免除で東京高等師範学校に進学しましたが、授業を受けずにテニスや芝居見物をしていたことが原因で除籍処分を受けます。
その後も、地元の名士の援助により明治大学に入学しますが3か月で退学、徴兵逃れで早稲田大学に籍を置き、文学者になる道を志し、第一高等学校に入学します。

1910年に第一高等学校に22歳で入学し、同期入学には後に親友となる芥川龍之介や久米正雄などがいました。しかし卒業直前に、盗品と知らずにマントを質入れするマント事件が原因で友人の身代わりで退学となります。

その後、友人の実家から援助を受け、京都帝国大学文学部英文学科に入学し、1914年に第三次『新思潮』を芥川龍之介や久米正雄と創刊し、菊池比呂士、草田杜太郎の筆名で戯曲を発表します。
1916年には、菊池寛名義で『屋上の狂人』を発表しました。

京大を卒業後、時事新報の社会部記者となり、記者を務めるかたわら創作を続け、『新思潮』に『父帰る』を発表、1919年に『中央公論』に『恩讐の彼方に』を発表し、時事新報を退社し、執筆活動に専念します。
翌年、毎日新聞に連載した『真珠夫人』が大評判となり、人気作家となりました。

人気作家となった菊池寛は、1923年には若い作家に活動の場を提供するために私財を投じ、雑誌『文藝春秋』を創刊します。
1926年には、日本文藝協会を設立し、1935年には新人作家を顕彰する「芥川龍之介賞」と「直木三十五賞」を設立するなど、作家たちが活動しやすい環境を作るため活動します。

第二次世界大戦中は、作家を率いて全国各地を慰問や講演で回り、映画会社「大映」の社長として国策映画の作成もしていた菊池寛は、終戦後にGHQから公職追放の指令が下されました。
日本の戦略戦争に文藝春秋が指導的立場をとっていたというのが理由でした。

1948年には、苦難を共にした、元文藝春秋社専務の鈴木氏亨が急逝するなどして気力が衰え、胃腸障害で寝込みます。その後に回復し全快祝いを行いましたが、直後に狭心症の発作を起こし急死しました。
1948年(昭和23年)3月6日 死去 59歳没

代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』など

菊池寛に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

菊池寛 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

菊池寛 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

菊池寛の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が菊池寛の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。