斎藤 茂吉 作品買取

斎藤茂吉作品の買取を強化中!
斎藤茂吉のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1882年(明治15年)5月14日

出身地:山形県

1882年(明治15年)5月14日ー1953年(昭和28年)2月25日 山形県出身
歌人・精神科医

茂吉は守谷伝右衛門熊次郎の三男として生まれました。幼少期より優秀で神童とまで呼ばれていましたが、守谷家には小学校卒業後に進学するだけの経済的な余裕がなかった為、当初画家になるか寺に弟子入りしようかと考えていたところ、東京で開業していた同郷の精神科医の斎藤紀一の家へ養子候補としてお世話になるために上京して医学を学び、後に斎藤家の跡を継ぐために婿養子となります。

上京した茂吉は、現在の東京大学の医学部で学びながら文学に親しみ、1904年に発行された正岡子規の遺稿集『竹の里歌』に感銘を受け、歌人を志すようになります。
1906年に正岡子規の流れを汲む、伊藤左千夫に入門して、本格的に短歌の道を歩み始めます。

1910年に東京帝国大学医学部を卒業して、医師として働きながら歌人としての活動も続けます。
1913年に初歌集『赤光』を発表。1921年には第二歌集『あらたま』を発表します。
その間も、医師として精神病学を学ぶために、オーストリアやドイツなどに留学もしています。

『赤光』に収められている「死にたまふ母」の代表作は、国語の教材にもなっていて、現在も幅広い世代の方に読み継がれています。
他の代表作に、『ともしび』『白き山』など。

1953年(昭和28年)2月25日 心臓喘息により死去。 70歳没

斎藤茂吉に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

斎藤茂吉 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

斎藤茂吉 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

斎藤茂吉の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が斎藤茂吉の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。