『男はつらいよ フーテンの寅さん25年の足跡』などの古書の買取を致しました。

  • 男はつらいよ
買取品目
買取方法出張買取
お住まい千葉県 香取市

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフからのコメント

千葉県香取市のお客様のお宅に、出張買取にお伺いしました。

今回のお客様は、お家のご不用品の査定のご依頼でした。
ゴールデンウィークの期間を利用して、独立されたお子様方とご一緒に家族総出で要る物と要らない物の仕分けをしたのだそうです。
例年だと旅行などをして過ごしていたゴールデンウィークでしたが、こういったご時世なのでずっと後回しになっていたお家の整理をしようと思い立ったそうです。

当初のご相談では書籍のみの査定の予定でしたが、他の不用品は後日改めてリサイクルショップなどに持ち込む予定とのことでしたので、併せて拝見させて頂きました。

そこで今回買取させて頂いた書籍でご紹介するのは、
『男はつらいよ フーテンの寅さん25年の足跡』です。

男はつらいよ

本書は、1995年にシリーズ25周年にあわせて松竹映画が企画・監修して廣済堂出版より発行された書籍です。

「寅さんとマドンナ」「寅さんの恋愛指南」などのテーマに沿って、各作品の寅さんのセリフなどを劇中の写真と一緒にまとめられている見ごたえある一冊になっています。

「男はつらいよ」シリーズは、1969年の第一作目の公開から長く愛され続け、寅さん役を演じた渥美清さんは1996年に亡くなられましたが、50周年を迎える2019年に第50作目が公開されるなど現在でも高い人気のシリーズです。

作品自体を見たことが無くても、渥美清演じる寅さんの「それを言っちゃあおしまいよ」や「結構毛だらけ猫灰だらけ」などのセリフは知っている方も多いのではないでしょうか。

また最近では、寅さんの生い立ちと幼少期の母とのエピソードを描いた「少年寅次郎」が、2019年にNHKでドラマ化されました。
寅次郎の母親役で主演を務めた井上真央さんも久々のテレビドラマ出演で話題になりましたが、それ以上に寅次郎役を演じた子役が渥美清を彷彿させるルックスと愛嬌で話題になり、放送後のSNSでも「号泣した」「あったかくて泣ける」などの感想が投稿されるなど、笑って泣ける人気作となりましたね

今回は書籍の他にも、DVD、CD、レコード、他にもご不要になった贈答品・日用品など多数買取査定をさせていただきました。
みつばち書店の買取査定をご利用頂きましてありがとうございました。


よろしければシェアお願いします

2021年5月に投稿したみつばち書店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。