『南方熊楠全集』をはじめとする書籍の買取をさせていただきました。

買取品目
書籍、全集
買取方法宅配買取
お住まい東京都昭島市

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフからのコメント

東京都昭島市にお住まいのお客様からのご依頼で、宅配での買い取りをさせていただきました。

今回のご依頼では、もともとが学校や図書館といった公共の施設で利用されていた書籍であることを示す、除籍本と呼ばれる種類の書籍が多数含まれていました。
除籍本は多くの人の手に触れることが多いという性質上大小様々な傷みがある事が珍しくありませんが、今回、お客様よりご依頼された書籍の多くは状態がとてもよく、多くの方に大切に読まれてきた事が分かるものがとても多かったため、査定をさせていただく際にもとてもスムーズに査定させていただくことが出来ました。
また、本を除籍したことを証明する書類なども保管されていたものを同封してくださったりと、ご依頼主さまの丁寧さやマメな部分が感じ取れたことが印象に残っています。

買い取らせていただいた書籍の中から今回ご紹介させていただくのは平凡社より発売された『南方熊楠全集』です。
雑誌に掲載された論考や随筆、書簡などをまとめた全10巻に加えて、1~10巻の内容に対する補遺をまとめた別巻1、日記や目録、総索引などをまとめた別巻2を合わせた全12冊のセットとなっています。
南方熊楠全集はこれ以前にも乾元社からも発売されていますが、そちらと比べると収録している文章の量が多いことに加えて、旧仮名遣いに慣れていないと読み辛かった乾元社版に対して、平凡社版は比較的読みやすい仮名遣いに改められているため、今から南方熊楠の文章に触れたいが旧仮名遣いを読み解くのはちょっと厳しい、という方におすすめです。

今回ご紹介させていただいた書籍のように、除籍本の場合の買い取りの可否について疑問を抱かれるお客様も少なくありませんが、書籍の種類や状態などによっては問題なく買い取らせていただくことが出来ます。
除籍本の整理等でお悩みの際には是非とも当店にご相談頂けますと嬉しいです。
皆様からのご相談、ご依頼を心待ちにしております。

※ ページ冒頭の画像について、除籍本という性質上やむを得ない部分について若干の加工をさせていただいております。あらかじめご了承ください。


よろしければシェアお願いします

2020年12月に投稿したみつばち書店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。