安部 公房 作品買取

安部公房作品の買取を強化中!
安部公房のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1924年(大正13年)3月7日

出身地:東京都

1924年(大正13年)3月7日ー1993年(平成5年)1月22日 東京都出身
小説家・劇作家・演出家

第二次世界大戦後の復興期に様々な芸術運動に積極的に参加し、戦後派作家の一人として発表した作品は多数の言語に翻訳されている、海外でも高い評価を受けている日本の作家です。

安部公房は、1924年に東京府北豊島郡滝野川町 (現・東京都北区西ケ原) に生まれました。
父は満州医大で医師をしていたこともあり、勤務先の満州へ生後まもなく家族と共に移りそこで育ちました。
満洲国の小学校での実験的な英才教育の「五族協和」の理念は、後の創作へ大きな影響を残しました。

中学校時代は、実家にあった新潮社の世界文学全集や第一書房の近代劇全集などを読み文学に親しみ、特にエドガー・アラン・ポーの作品に感銘を受けました。
1940年に飛び級で中学校を卒業すると、日本に帰国し旧制成城高校(現:成城大学)に入学し、学校のドイツ語教師からの影響で戯曲や実存主義文学を愛読しました。

1943年に、戦時下のため高校を繰り上げ卒業し、同年に東京帝国大学医学部医学科に入学します。
戦況が悪くなり、徴兵猶予が取り消された学生たちが次々と学徒出陣していく中、家族の安否が気にかかり大学に無断で満州に帰り、開業医をしていた父の手伝いをしていたころに召集令状を受けましたが、入営前に終戦を迎えました。
また、同年冬に、流行症の感染により父を亡くしています。

この敗戦と父の死の経験から「絶対的な存在」への懐疑を抱き、そこから人間の実存を追求する、後の文学姿勢が生まれました。

1946年に敗戦のため家を追われ、サイダー製造などで生活費を得ながら、同年に引き揚げ船で帰国しました。
それ以降、中国へ再訪することはなく、満州における体験を綴ることはありませんでした。

1947年に、満州引き揚げ体験のイメージに基づく『無名詩集』を自費出版し、大学卒業後の1948年には『粘土塀』と題した処女長編を執筆し、この作品が知人の紹介により、当時『近代文学』の編集者の一人だった埴谷雄高に送られました。
埴谷は安部の才能を認め、『粘土塀』の内の『第一のノート』が雑誌『個性』に掲載され、商業誌へのデビュー作となりました。
これがきっかけとなり、埴谷雄高、花田清輝、岡本太郎らと交流を深め、彼らの尽力により1948年に『粘土塀』は『終りし道の標べに』に改題され出版されました。

1951年には、『壁 – S・カルマ氏の犯罪』で第25回芥川賞を受賞し作家的地位を確立すると、その後も様々な作品を発表し読売文学賞や谷崎潤一郎賞を受賞し、作品は数多くの言語に翻訳され世界的にも評価されるようになりました。

また小説以外にも、演劇の分野でも盛んに創作を行い、1973年より演劇集団『安部公房スタジオ』を結成するなど、戯曲やラジオドラマの脚本などでも独自の前衛芸術を追求・構築し高い評価を受けました。

晩年まで、小説やエッセイの執筆を行い、1992年にはアメリカ芸術科学アカデミー名誉会員に選出されるなど、旺盛に活動を続けましたが、執筆していた小説『さまざまな父』を未完のまま残し、1993年1月22日に急性心不全のため死去しました。 68歳没

代表作に『壁- S・カルマ氏の犯罪』『赤い繭』『砂の女』など

安部公房に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

安部公房 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

安部公房 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

安部公房の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が安部公房の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。