正岡 子規 作品買取

正岡子規作品の買取を強化中!
正岡子規のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1867年10月14日

出身地:愛媛県

1867年10月14日ー1902年9月19日 愛媛県出身
俳人・歌人・新聞記者

俳句や短歌、小説など多方面にわたって創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を残した、明治を代表する文学者の一人です。

正岡子規は、1867年に伊予国温泉郡藤原新町(現:愛媛県松山市花園町)に松山藩士の家庭の長男として生まれました。
幼くして父を亡くし家督を相続し、母方の大原家と叔父の後見を受け、少年時代は、藩の儒者を務めていた大原家の祖父大原観山の私塾に通い漢書の素読を習い、他にも漢詩や戯作、書画などに親しみ、友人を回覧雑誌を作るなどします。
また、中学校時代には自由民権運動に影響を受け、政治にも関心を持ちます。

1883年に中学を中退し上京し、翌年に東大予備門(後に一高、現:東大教養学部)に入学します。
同窓生には、夏目漱石や南方熊楠などがいました。

1890年に帝国大学哲学科に入学します。
当初は政治家を志望していましたが、のちに文学に興味を持ち始め、関心は哲学、審美学、小説と移り、やがて俳句へと向けられました。

その後、大学を中退し1892年に叔父の紹介で新聞『日本』の記者となり文芸活動を始めます。
俳句の分類の仕事に着手し古句の研究に励み、得た知識を基に『獺祭書屋俳話』を連載します。
この俳論は、形式化して卑俗な月並み俳諧を批判し、俳句革新の第一歩となりました。

また日本新聞社時代には、中村不折ら洋画家との交流により写生の重要性を知り、同時期に発見された『蕪村句集』の客観性の高さを評価し、これらのことから子規は俳句革新の方法として事物をありのままに写す写生俳句を唱えました。

1894年に日清戦争が起こると、従軍記者として戦地に赴きましたが、帰国の船中で喀血し重態に陥ります。
病気の療養中に『俳諧大要』を連載し、自らの俳句理論を体系的な形に完成させました。

以後、病気のためにほぼ病床に臥すことになり、文学活動に専念します。病気で喀血したことから「鳴いて血を吐く」と言われている鳥のホトトギスと自分を重ね合わせ、ホトトギスの漢字表記の「子規」を自分の俳号としました。

病に臥せつつも、俳句分類や与謝蕪村の研究などで俳句の世界に大きく貢献し、俳句会を開いたり、創作を続けましたが、1902年に肺結核のために35歳の若さで亡くなりました。

短い生涯において俳句・短歌の革新運動を成し遂げた子規は、近現代文学における短詩型文学の方向を位置付けた革新者と高く評価されています。
短歌、散文の世界にも子規の影響は色濃く残り、明治という新しい時代にふさわしい、新しい文学の創始者であったと言われています。

代表作に『獺祭書屋俳話』『歌よみに与ふる書』など

正岡子規に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

正岡子規 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

正岡子規 関連作品買取事例

少しでも高く売るには?

正岡子規の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が正岡子規の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。