高橋 葉介 作品買取

高橋葉介作品の買取を強化中!
高橋葉介のプロフィールや代表作品、買取参考価格や買取事例を紹介しています。

プロフィール紹介

生年月日:1956年(昭和31年)3月15日

出身地:長野県

1956年(昭和31年)3月15日ー 長野県出身
漫画家・漫画原作者

怪奇・ホラー漫画をいくつも手掛け、グロテスクな猟奇描写が強い作品も特徴的な絵のタッチから読みやすく、その独特な世界観から後の漫画家にも大きな影響を与えている日本の漫画家です。

高橋葉介は、1956年に母の実家のある長野県で生まれ、幼少期は東京都青梅市で育ちました。
小学校時代から漫画を描き始め、高校の頃には集英社や小学館へ投稿を始めました。

駒澤大学在学中に同人誌への参加の傍ら出版社への漫画の持ち込みを続け、1977年大学4年生の時に朝日ソノラマに『無題』『ここに愛の手を』を持ち込むとこれが編集者に認められ、同年に『マンガ少年』の8月号掲載の『江帆波博士の診療室』でデビューし、その後も同誌でいくつか作品を発表します。

デビュー当時の『マンガ少年』誌での連載時は毛筆とGペンを使用した特徴的な線と絵柄のスタイルで人気を博し、手掛ける作品は猟奇要素が強い幻想怪奇漫画が主でしたが、『マンガ少年』が1981年に休刊となるとその後は後継誌の『Duo』にラブコメ作品の『真琴・グッドバイ』で明るいポップな作品でも人気となりました。

1983年からは『夢幻紳士』冒険活劇編の連載を開始し、『夢幻紳士』シリーズはその後も「怪奇編」『夢幻外伝』など続き、作品はライフワーク的な位置づけとなりました。

1995年からは「学校の怪談」ブームを受けて、『週刊少年チャンピオン』誌で『学校怪談』の連載し、2006年には近藤豪志の作画による『私は加護女』の原作を手掛けました。
また、アニメのキャラクター設定や江戸川乱歩作品集の表紙と口絵を担当するなど、漫画以外の分野でも活躍しています。

2021年には、『夢幻紳士』シリーズの40周年を記念して初めての画集『にぎやかな悪夢』が刊行し、それと併せて開催された原画展は全国各地を巡回するなど、現在でも高い人気です。

代表作に『夢幻紳士』シリーズ、『学校怪談』『もののけ草紙』など

高橋葉介に関する物なら何でもご相談下さい。
珍しい物は高額にて評価致しますので、お気軽にご相談下さい。

高橋葉介 関連作品買取価格

お売りいただけるアイテムがございましたら、お気軽にご連絡ください。

高橋葉介 関連作品買取事例

買取事例一覧を見る

少しでも高く売るには?

高橋葉介の本を少しでも高く売るためのポイントご紹介!
ちょっとしたことで買取金額査定アップにつながります。

売りたい本の高く売れるタイミングを見極める!
本の買取のご依頼は、年末の大掃除や、3月・4月など新生活に向けた引っ越しの時期が最も多くなります。そのため、この時期は市場に多くの古本が出回り、同じ本でも買取価格が下がってしまうこともあります。
できれば、多くの本が売られる時期を外して売った方が高橋葉介の本が高く売れる可能性も上がると思います。
表紙カバーや函も一緒に!
カバーなどに欠損のある本でもしっかり査定させて頂きますが、やはり完品の商品に比べると多少お安くなります。また、年代の古い書籍になってくると、帯の有無でも査定価格が大きく変動するものもあります。
シリーズものや関連商品は揃えて売る!
商品によって千差万別ですが、シリーズなどの揃っている本だと高値になることが多いです。また、日本国内での需要がある書籍だと高価査定になりやすい傾向があります。

2つの買取方法をご用意

費用負担0円の出張買取と全国対応の宅配買取に対応しています!

  • 出張買取その場で即現金化! 出張買取
    お客様とお約束した日時にみつばち書店のスタッフがお伺いし、その場で査定、その場で現金買取致します。
    出張買取の流れを詳しく見る
  • 宅配買取日本全国から受付! 宅配買取
    お売りになりたい本を宅配便で着払いで送るだけ。到着後、すぐに査定し、買取金額をお振込み致します。
    宅配買取の流れを詳しく見る
出張費・手数料0円

お見積り・買取依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら、大よその査定額をお伝え致します。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-916-330

受付時間:9:00〜21:00定休日:月曜定休


よろしければシェアお願いします

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。