「お金・紙幣・金融の大辞典」など書籍の買い受けをさせていただきました。

  • 金融の大辞典
買取品目
趣味・実用書
買取方法出張買取
お住まい茨城県土浦市

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフからのコメント

茨城県土浦市にお住まいのお客様から出張買取のお問合せをいただきました。
お品物の内容を伺いますと、単行本・文庫本などの書籍とCD・DVDの査定をご希望でした。

後日ご予約の日にお客様宅に伺いました。書籍が入った収納用品や段ボールをリビングに集めて下さっていました。年末の大掃除で片付けをして、読まなくなった書籍などを仕分けされたのだそうです。
単行本・文庫本・美術本・辞書など300冊位、CDも邦楽・クラシックを中心に80枚ほど査定させていただきました。書籍などが入っていた衣装ケースなどは処分で良いとのことで、買取りさせていただきました本と一緒に引き取らせていただきました。古書店に持ち込むのは大変だし、かといって捨てるのも勿体ないので今回買取出来て、大きな収納ケースも引き取ってもらえた!と喜んでいただけて私共も大変嬉しく思います。またのご利用をお待ちしておりますicon_razz.gif

下の写真は今回お譲りいただきました「お金・紙幣・金融の大辞典」です。こちらの本に明治10年・昭和10年・昭和55年の「金1gで買えた米の量」や「大卒初任給を金重量に換算」を比較した表が載っていました。明治10年の初任給が20円だったのですね。日本は諸外国に比べるとキャッシュレス決済よりも現金決済が主流となっています。中国が60%、アメリカが約50%ほどに対し、日本は約20%なのだそうです。日本が現金志向なのは、日本の紙幣が偽造が少なく・きれいで、ATM機が充実しているのも理由のようです。コンビニで現金が引き出せるのは本当に便利ですね。日本で流通している紙幣総額の9割近くを1万円札が占めているという事実も驚きです。

みつばち書店では、出張買取査定のご予約を承っております。
年代を感じさせるような古い本で書き込みや破れなどのイタミがある本でも、思わぬ高値になる本もございます。
単行本、文庫本、雑誌、辞書、パンフレット、DVD、CDなど幅広いジャンルを取り扱っております。
古書以外にも、お家のご不要になったお品物も一緒に査定させていただいております。
ご不要になった収納ケースはそのまま引き取らせて頂く事も可能ですので、お申し付けください。
箱詰めはスタッフが行いますので、そのままで結構です。是非お気軽にご相談ください。金融の大辞典


よろしければシェアお願いします

2019年1月に投稿したみつばち書店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

みつばち書店 出張買取対応エリア

千葉県を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。